東大・医学部など主要大学 数学過去問 Gnoble独自の解説・分析

ホーム > 案 内



2022年度 受験生対象
東大・医学部など主要大学 数学過去問
Gnoble独自の解説・分析
一挙公開中!
Gnoble生は特設ページ内において、主要校の数学過去問に関する解答解説・傾向分析を閲覧できます。 ぜひ こちらにアクセスしてください。

授業では様々な分野の問題演習を通して自分の実力・課題を認識し、そこから弱点を補強したり、得意分野をさらに向上させたりと、「自らを磨く」ことを目指します。

これに対して、過去問研究はいわば「敵を分析する」ことを目指します。

特に数学では、入試本番で自分の実力を 100%発揮するためには、過去問を通して、受験校の形式・傾向に合わせた「ピンポイントな経験値」を積んでおくことが必要不可欠です。

そこで、Gnoble数学科では、各大学入試を丁寧に分析し、一般的な「単なる1問ごとの解説」にとどまらず、

『この入試セットに対して自分の実力をいかに最大限発揮するのか』

ということを念頭に置いて、各年度の入試セットごとに「最適な時間配分・戦略」とあわせた過去問解説を作成しました。ぜひ過去問研究にお役立てください。



数学過去問研究は「敵を分析する」こと
情報を知ることは、時間・演習量の両面において無駄のない受験勉強につながります
□大学ごとに出題の形式が異なる
大 学 試験時間 大問数 解答形式
東京大(理科) 150 分 6 問 全問記述
東京大(文科) 100 分 4 問 全問記述
東京工業大 180 分 5 問 全問記述
一橋大 120 分 5 問 全問記述
東京医科歯科大 90 分 3 問 全問記述
横浜市立大 120 分 4 問 のみ空欄補充(小問集合)
千葉大 120 分 5 問 全問記述
筑波大 120 分 必答 3 題+選択 2/3 題 全問記述
慶應大医学部 100 分 4 問 ほぼ全問空欄補充
慈恵医大 90 分 4 問 のみ空欄補充(小問集合)
日本医科大 90 分 5 問 全問記述(は答えのみ)
順天堂大医 70 分 3 題 :マークシート/:記述
□大学ごとに傾向・特徴が異なる
  東京大(理科):
「求積」「点の存在範囲や直線・線分の通過範囲」「整数・数列」が頻出。
  東京大(文科):
「点の存在範囲や直線・線分の通過範囲」「場合の数・確率」が頻出。
  東京工業大:
【数 III 微積分】の割合が高く、試験時間が長い分、計算が重い。
  一橋大:
【整数】【図形】【座標】【確率】【微積分】の5単元でほぼ固定されている。
  東京医科歯科大:
問題文がやや長く、初期条件が複雑であることが多い。状況把握に時間を要する。
  慶應大医学部:
2020年度まではほぼ20年間 【確率】が主に で出題されている。
(2021年度は【データの分析】が出題された)
2021年度入試は、コロナ禍における休校期間への配慮から、理系数学は全体として、数III範囲、特に【積分】からの出題の割合が大きく減少し、数I・A・II・B範囲からの出題の割合が増加しました。
しかし、この傾向はあくまでも暫定的なものであり、2022年度入試からは以前の傾向に回帰することが推測されます。
この点を配慮し、上記の傾向・特徴も、主に2020年度までの入試を重視したものとしました。


ホーム > 案 内